儲かるFX、株の情報なら

FX海外口座と国内口座の違い

昨今では、FXに興味を持つ方々も増加傾向にあります。銀行の預金金利はあまり高くありませんから、外貨で利益を得たいと考える方々も増えている訳です。
ところでFXには、大きく分ければ2つの選択肢があります。国内もしくは海外口座のどちらにするかという違いがあるのです。

 

クレジットカードの必要性に関する違い

その2つのタイプはよく比較されますが、まずカードで入金するかどうかという違いがあります。基本的に海外のFXの場合は、たいていカードは必要です。中には日本専用の銀行口座を用意してくれている会社もあるのですが、数はかなり限られてきます。それよりも、カードで支払う手段が一般的なのです。
ちなみに海外の場合、海外送金などの手段でも一応は入金する事ができます。しかし所要日数や手数料などの問題点がありますから、あまりおすすめできません。
それに対して国内の業者の場合は、銀行口座で簡単に入金する事が可能です。入金の利便性という意味では、国内のFXがおすすめと言えます。

 

レバレッジに関する違い

ですが海外のFXには、国内の業者には無いメリットもあるのです。その1つがレバレッジに関する要素です。
そもそも国内の業者の場合は、レバレッジはかなり限定される傾向があります。法人口座を作ったとしても、かなりレバレッジが低くなってしまいますから、あまり多くのお金を動かす事が難しいケースも多いです。
それに対して海外の会社の場合は、もっと大きなお金を動かす事は可能です。預けたお金に対する変動額が大きくなりますから、それだけ大きな利益が発生する可能性を秘めています。
その代わり海外の業者ですと、それなりにリスクは高くなってくるのです。その反面で利益が発生する見込みもある訳ですから、国内の業者よりはメリットが大きいという意見も見られます。

 

結局は国内と海外のどちらが良いかは、本人のニーズ次第とも言えます。利便性を求めるなら前者がおすすめとも言えますが、ハイリスクハイリターンな取引を求めるなら、後者が良いとも言える訳です。